おなかのお肉。

少しずつですが、夏らしい陽気になってまいりました。夏といえば、海水浴。今年は、も?海には行きたいとは思っております。このシーズンになってから考えるのでは遅いのですが、おなかの贅肉のこと。だいたい6月くらいから多くの雑誌が夏に向けて1ヶ月でつくるシャープボディエクササイズとか大作戦とかを謳ってます。そもそも、レベルにもよるのですが、1ヶ月やそこらで体を理想体型に近づけることはかなりのことです。そして、おなかのお肉はよく最初について、最後にとれるものと言われます。(そうそう)それにおなかのお肉は内臓を守るためという機能を果たす意味で必要不可欠なものでもあるのです。程度にもよりますが、あって当然ということです。と、まあ、前置きは長くなりましたが、今、現在、私が考える一番効果的かつ続けられるおなかエクササイズは常に腹筋に力を入れる、意識し続けるというもの。体は常に「状態」というものを記憶します。私もそうですが、パンツのウェストの部分、つまりはベルトを巻く部分というのは少しながらへこみがあります。それは常にその部分に締め付けがあり、体がそういうものだと覚えてしまったからなのであります。(他ではよく眼鏡のあとが耳の後ろにある人もいますね^^)腹筋というのは、実は日常生活ではあまり使われません。(背筋は実は使われている)筋トレは週に2,3回くらいがいいと言います。筋肉を休ませるためにね。(超回復で成長です)でも、腹筋は毎日してもいいという話もあります。それは先ほど言ったように普段使われていないから。毎日、腹筋運動をこなすことは少ない回数でも結構大変だったりします。でも、先ほどの常に腹筋に力をいれる、いや、気がついたときに力を入れるということは、多少続けやすいと思いますし、それだけでもかなり違うと思います。(電車乗ってる時とか)このことは、実は、言い換えれば、常に姿勢に注意しろと言っていることでもあるのです。ビシっとした姿勢を維持するだけで実は腹筋運動は行われている。また、腹筋に力をいれようとしなくとも、おなかをへこませるだけでも、それは立派な腹筋運動になっているのです。ちなみに、私は気がついたときにちょいと力を入れ続けています。(気がつくことが少ないけど。。)おっと、ちょっと、おなかのことを書こうとしたら、長文に、、失礼。。まだ書きたいことあんだけどね。それは次回に続く???たぶん。


アミ:「はあはあ、美貌を保つのも一苦労だぜ。」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です