お日柄とはなんぞや?

2月16日(月)10回目を迎える母の命日に婚姻届を提出して参りました。日々の生活に大きな変化はありませんが、やはり、身が引き締まりますね。その日は「仏滅」でしたが、まあ、命日というメモリアルな日だったのでよしとしましょう。ちなみに、式を挙げる10月31日は(土)も「仏滅」なのですが、いろいろと仏滅サービスがあったりしたので、いいかなと。。無理やりプラス思考が大好きな私としては入籍も仏滅、式も仏滅で、マイナスとマイナスをかけて、プラスになるという発想でとらえております。実際に、仏滅に結婚したカップルの方が、大安に結婚したカップルより離婚率が低いという統計もあるようですので(仏滅カップルの実数が少ないというのもありますが)、なおさら、気にしなくてもいいのではないでしょうか^^そもそも、六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)は、月30日を5等分して週6日として分割した、今の月曜とか金曜など、日にちを区別するためのもので、何も科学的ではないし、仏滅と言って、仏の文字を使っていますが、何も仏事には関係のない、占いの一種になんら変わりはないのです。(お釈迦様は占いを禁じています)
という、プラス思考、発想のもと、私たち夫婦はいいスタートを切ったのでした^^
今後とも二人をよろしくお願いします。

totugu.jpg
アミ:「お父さん、お母さん、長い間お世話になりました。」
私:「泣くところなのに、笑ってるのはなんでや?」
と、まあ、節分のときに、おふざけをする我が家でした。
あなたも彼も幸せになれる HAPPY婚メソッド

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です