さっきの事をたんたんと書いてみる。

先ほど、携帯電話を電車に忘れました。。私も携帯電話に依存している一人なんだとつくづく実感しました。結果として、終着駅に忘れ物が届けられていて、無事、私の携帯は保護されたのですが、そこまでとりに行くにしても、いつも携帯でアラームを鳴らす私は、それがないため、見事に電車の終点駅まで寝過ごしたり、これからの連休に向けての連絡事もまったく出来ない状態でした。携帯がないことに気づき、すぐに自分の携帯を鳴らしてのですが、電源が入っていなかったようで、すぐに留守電になってしまいました。なんで、忘れ物取扱い所が携帯の電源を切るのかが今いち不明ではありましたが(携帯がつながれば、一発で所在がわかり安心すると思うのですが)、バイト明けで一睡もしてない私にそれを問いただす気力はありませんでした^^まあ、セキュリティのことを考えれば、電源を切ることが無難なのかもしれませんねえ(つながらない携帯をそこまで追跡して取りに来るのは本人しかいないでしょうし)まあ、とにもかくも、思いました、携帯のデータのバックアップはしっかりとって置いた方がいいですね。何百というデータを一気に紛失すると普段の生活に影響を多大に及ぼします。あと、座っている時にポケットからポロリと落ちたようなので、カチッと体の一部にとめられるような器具も購入した方がいいかも。。たぶん、今から寝て、起きたら、そんな危機感も忘れてしまっているかもしれませんが。。ちなみに、電波を発する時計が携帯や財布などを感知してアラームで忘れ物を防止するというシステム(時計とそのモノの距離が離れると教えてくれたり、位置関係を教えてくれたり)もあるらしいのですが、その優秀な時計をつけるのを忘れたら意味ありませんし、携帯や財布などにそのICチップなようなものもつけるのを忘れたら、それは意味がありませんし、要は、いくら素晴らしいシステムや商品が開発されても、人間自身がしっかり、してないと、ダメってことですね^^以後、気をつけます。。


ZZZZzzzz。。。。
この娘もすべてを忘れて寝ていますな、きっと。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です