イメージの重要性。

アルデプロのCMはどうかと思う。(いきなりアルデプロ~♪と家族とか社員が合唱するやつ)たぶん、インパクト重視であのような形になったと思うのだが、不快さを感じている人は私の周りだけでも結構いる。あんだけ名前を連呼して、結局なんの会社なの?と思う人がたくさんいると思うが、それは相手の思うつぼである。事業内容=不動産。。とだけ書いときましょう。これ以上は、書きません。(実際、ネットで検索した私は敗北感が付きまとう。。くやしい)よくCMのあるシーンが暴力やいじめを連想させるとか、戦争を連想させる、肯定してるようだ、、というようなクレームによって、CMが放送禁止になることはあるけど、会社名の連呼が不快だっていうことで、放送禁止になることはないだろう。だから、黙って、そのCMが流れた途端にチャンネルを変えるしかない。アルデプロは知名度は一気に上げたが、イメージは決していいものになっていないと思う。知名度重視と言われればそれまでかもしれないが、イメージが一度マイナスの方で印象づいてしまうと、大変なことになることを知っておかなければならない。(←コメンテーター風^^)事実、安部首相は自身おおきな過失があったわけでもないのに、大臣の過失の対応などの連続でそのイメージがどんどん落ちていったわけですが、これを見てもわかるように、一度落ちた人気やイメージを回復するのはとてつもなく大変なんですよねえ。(安部首相にしてみれば、逆にインパクトが今回の内閣人事で必要だったのかもしれません。KYとかいって、空気読めないって言われるなんて相当な悪印象ですね)まあ、中身重視なのは当たり前ですが、他方との関係が間接的(本人との関係が希薄になるほど)になればなるほど、その表面的というか、イメージがその人(モノ)の評価を大きく左右するわけです。アルデプロと安部首相、変な組み合わせではありますが、今後のイメージ回復がうまくいくかが見所です。(アルデプロはまあ、いいか・・。)


みなさんのアミちんのイメージはどんなでしょうかねえ?
とりあえず、お花をつけときますか。。
アミ:「うふ~ん。」
似合わない・・(一応メスですが)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です