オリンピックを思うと年齢がこわくなる。。

東京は2016年のオリンピック招致に名乗りをあげてるみたいですねえ。(知らなかった。。)招致条件は「優れた開催計画を持つこと」だそうですが、それは、つまり、先進国であることも意味するようにも感じます。オリンピック開催によって、先進国の仲間入りと言われることもあります、中国の北京オリンピックとかがそうですねえ。今までの開催国を見るとやはり、日本をはじめとするアメリカや欧州の先進国が名を連ねます。確かに、世界中のアスリートが集まる世界の祭典は設備やら治安の安定が求められますが、先進国の間でぐるぐると開催国が回っていくのもどうかと感じますなあ。人々の交流、文化の交流でもある貴重なイベントをもう少し世界において分散して開催することはできないのかと思います。オリンピック招致のため、代々木を再開発する計画もあるそうですが、愛知万博で多大なる施設が建設されたばかりなので、これまた複雑な気持ちにもなります。(愛知万博の敷地でオリンピックすれば?^^)日韓W杯サッカーの時も多くの競技場が全国に建設され、その競技場の行く末の惨状はどうだったか。招致しようとして招致できなかった場合のコストもリスキーであります。招致することで日本という国のアピールをし、外交的なメリットなどもいろいろあるとは思いますが、とにかく、招致しよう!ではなく、招致する前(準備のために何をしなきゃいけないか、税金投入など)と後(オリンピック後の競技場やインフラの採算性など)のことを国民にもっと説明するべきではないかと思います。まあ、11年後のことだからなあ、11年後かあ、おいらは何歳だ?お~、こわ。。

参考サイト(オリンピック歴代開催国)
http://benri.tuer.jp/olympic.html


アミ:「おやじ、最近、少ないんでねえの?」
私:「お・おやじ?明日から、さらに少なくします。」
アミ:「・・・・・」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です