サッカーW杯決勝戦から見えてくる問題。

今、サッカーW杯の決勝戦、イタリア対フランスを観戦中。(明日、お仕事の方も結構、ご覧になっているのではないでしょうか?^^)いい試合しておりますね。ハイレベルです。日本とは明らかに動きが違います。中田英寿氏が引退を表明した今、日本はどんどん世代交代をしていかなければならない時に入っていると思います。けど、6月末に政府が発表しましたね、日本の人口に占める65歳以上の高齢者の割合は21.0%と世界最高になる一方、15歳未満は13.6%で世界最低となり、高齢化・少子化ともに世界で最も進行した国ということを。。これでは、世代交代という話をするにしても心もとないですね・・。日本サッカーの将来も危うい??いやいや、実は、決勝を戦うイタリアとフランスも実はかなりの少子化なんですねえ。15歳未満の割合がイタリアが14.0%(下から4番目)、フランスが18.2%とかなりのものです。また、一方でフランスはフランスW杯した際のメンバー(ジダンとかね)が半数近くも残っているようで、現役で長いこと活躍する選手の存在も目立っています。こう色々書いていると、下からの若者の台頭&選手のピークの維持の両面において日本サッカーは問題を抱えているように思えます。この問題、サッカーだけの話ではないような気もしますねえ。さ、今日はこの辺で終わらせて、観戦モードに入ります!!^^失礼!!


アミ:「ゴーーーーーーール!!!」
って言ってるわけがない。。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です