ストッキングのデンセンのお話。(男性談)

とある人気のあるお店で順番待ちをしていると、正面に座っていた女の人のストッキングがデンセンしていました。(誰か教えてあげればいいのにと思うが、指摘できるはずもなく)A「なんで、デンセンと言うの?」B「電信柱のように線がのびてるからでしょ」A「でも、電信柱って、デンシンでしょ?」B「あれ?」と、くだらぬ会話がなされたので、ここで整理しておきましょう。デンセンは伝線です。線が伝わるから伝線ね。。納得。
伝線の原因には
・足の爪がのびてる
・かかとがカサカサしてる
・新品の状態で袋から取り出す時、台紙を取り出す時に傷つける
らしい。
伝線を防ぐには、以上のことを注意することはもちろんですが、はき方も注意が必要、らしい、、です。(グンゼ談)
(1)両手でストッキングをウエストからつま先までたぐりよせ、つま先に入れる
(2)両手の親指を内側に入れ、しわができないように伸ばしながら左右均等に少しずつ引き上げる
(3)引き上げが十分でない場合は足首から再度引き上げる。
その他、フィットしたものを履く。洗濯はソフトコースでネットに入れてする。
また、未開封のまま冷凍庫に入れるだけで伝線のしにくいストッキングになることや(もちろん、使用前に自然解凍)伝線しかかったら、その上に透明マニキュア(orトップコート・・?)を塗ると広がりを防ぐというような、荒技もあるようですね。
と、まあ、くだらない会話から、ここまで広げてみました。男の私からしたら、すべてが「へ~」ですが、女性からしたら、すべて当前の情報かもしれませんね。ではでは。

oniami.jpg
アミちんは、ストッキングではなく、こんなものを身につけたりします^^
先日の豆まき模様です。
アミ:「ギャラ(豆)は高いぜ。」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です