スポーツは誰のもの?選手のもの?視聴者のもの?

サッカー日本代表、アジア杯予選、ベトナム戦で4-1で勝利をおさめましたねえ。。予選突破おめでとう!久々にテレビ観戦しました。(テレビ自体そんな観ないから。。)日本時間の19時20分キックオフだったのですが、なんで20分って中途半端な時間なんだろって少し疑問に思い、勝手に推測してみました。試合時間を決める要因、それは何かご存知でしょうか?それは、テレビ(視聴者)に合わせて組まれていると言っても過言ではないのです。有名な話があります。まだ記憶に残るワールドカップドイツ大会。(2006年)オーストラリア、クロアチアとの試合は両方とも炎天下の昼間に行われました。なんで?それは日本の視聴者がテレビを観る時間に合わせた結果なのです。(他の国とのメディア間調整はもちろんありますが)敗戦後のジーコのコメントで「炎天下での厳しいコンディションで行われ、日本にとっては厳しい試合になった。しかし、視聴者がそれを望むならば仕方ない。」みたいなことを言ったそうですが、現場の通訳はなぜか、「視聴者がそれを望むならば・・。」の部分を訳しませんでした。気転をきかしたのでしょうか?思いました。やはり、メディアは世界を牛耳っていると。。さて、話は戻りますが、19時20分という半端な試合開始時間。(ベトナム時間は17時20分)どうせなら、19時ぴったしゴールデンタイムに開始すればいいじゃんと思うのですが、この20分、私が思うに、たぶん、ベトナム人が仕事を終え、家に帰ったり、スタジアムに応援として向かうとかの所要時間を設けてるのではないでしょうか。(勝手に17時にベトナムの仕事が定時だと仮定して)そうすれば、この20分の半端な時間は少し納得できるかも。(日本はどっちにしろゴールデンタイムだから問題ないし)テレビで観ててもスタジアムのベトナムのサポーターは大勢いて盛り上がっていましたからねえ。私の推測は当たってますかねえ。どうでしょう。やはり、メディアは世界を牛耳っている。。(また言っちゃった、言いたかっただけ)だって、どこの家庭も家の中心であるリビングの真ん中には必ずと言っていいほど、テレビがどーんっと置いてありますから。(幅をきかせてますな)


アミ:「くれくれくれ~。くれよ~。」
私:「サッカーは手を使っちゃダメなんだぞ!」
アミ:「関係ないわ!!」
私:「あ、そう・・。」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です