フルーツは太るのか太らないのか?

暑い日が続きますねえ。そして、薄着の日も増える今日この頃。そして、毎年この時期にいつも考える「体を引き締めないと」と。。ボディーラインを気にする季節になると、雑誌も揃って「夏に向けての●●●」みたいに特集を組み始めます。でも、結局は、どの情報もすべての効果は自分のやる気次第なんですよね^^これをやればだれでもってのは無くて、どのやり方もよほどハチャメチャではない限り、その方法を一定の期間継続してやり切ることができる気力を自分が持てるかが問題になってくるわけです。だから、ひとつのお得情報に飛びついてはいけないのですが、、、、とかなんとか言いながらも、こういう関連のひとつのちょい話をしちゃいましょうか。。「フルーツは太る」という話。これは実は、いろいろ調べても賛否両論でございます。フルーツの糖質は吸収しやすいから太るとか、フルーツはGI値を上げにくいとかとか。でも、まあ、総合的に見ると、やはり「フルーツは太る」という論理は結構正当な意見なのかもと思いました。上記にも書いたGI値はインシュリンダイエットから有名になった数値の名前ですが、こういう実験データは今となってはそんなに当てになりません。(調理方法、時間帯、果物の状態、量などによって多いに左右される)それよりもフルーツの糖分は単糖類というものに分類され、二糖類や多糖類に比べ、分子構造が単純なために体内に吸収されやすいという説明が一番納得のいく意見に見えます。でも、まあ、これで、フルーツはとらないぞってのは間違いで、フルーツは確かに吸収されやすい糖分ではあるかもしれませんが、それ以外のビタミン類などが多数含まれています。最近はひとつのこと(食材)をピックアップすることが多いですが、そのひとつの中にはいろんな要素が多数あるわけなので、結局は、全部をバランスよくってなるわけです。で、ちょっと話が戻ると引き締めるならば、何(フルーツ)を摂る摂らないではなく、全体というしてのバランスと摂取量を気にするべきですね。情報を得るのも大事ですが、まずは実行(継続)を!(自問自答)


アミ:「えび!!!!!」
30品目はゆうに超えるアミちんでした^^

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. あざみ より:

    細く長くは、粗食にかぎるとか・・(ーー;)でも、美味しいもの肉とか、海老とかも食べないと、若い人は元気がでませんよね。ガタさん、やはり、アミちゃんのようにスマートにならないと!

  2. ガタ より:

    おいしく、スマートに!!!
    なるべく、そうしたいです。
    要は動けばいいんです!
    だから食べる。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です