ホクホクのさつまいも~。

冬まっさかりの寒さになってまいりました。先日、寒くなって鍋の話をしましたが、冬といえば、石焼いももかかせない存在ではないでしょうか。(食べ物の話ばっか。)ホクホクでおいしいですよね。でも、食べ過ぎると、、、ぶ~・・・。おならが出ることもあります。さつまいもを食べるとおならが出る。これはよくある話ですが、なんででしょう。それは、さつまいものでんぷんは消化されにくいらしく、それが腸まで届いて、腸内細菌によって分解され炭酸ガスとして発生するからみたいです。(強靭なでんぷんなのです)ただ、さつまいもの皮と一緒に食べると、皮に含まれるヤラーピンという消化酵素がそういう消化不良のようなものを解消してくれるらしく、おならの発生を防いでくれるようですよ。食物繊維でもあり、便秘解消にもいいので、皮ごと食べちゃいましょう。最後に、家で簡単に焼き芋を作る方法。。ぬらした紙(キッチンペーパーや新聞など)にさつまいもを包んで、レンジでチンです。約8分から10分くらいです。焼いた感じが欲しければ、その後、オーブンでカリっと焼きましょう。完全に「焼き」芋にしたい場合は、オーブンで200度くらいで40分くらいやるそうです。(う~ん、やっぱり、レンジでチンかな。。)さらに、本格的に石焼いもを作りたい方はこちらをどうぞ→http://www.ecorient.co.jp/hmp/mm/083/index.html
これをみると、βーアミラーゼという酵素が60度以下の温度という条件で微妙な甘みを作り出しているようです。(それを可能にしてるのが石焼ってわけですね)はあ、鍋三昧、イモ三昧!太るわな、こりゃ。。


アミ:「お!なんか焼いてる!?ぺろ。」
私:「食べ物はなんでも自分のものだと思わないように。。」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です