マネーの流れによる人材流出の危険。

日本球界を代表する西武の松坂大輔投手がレッドソックスに落札されましたね。その額はなんと約5000万ドル(約60億円)!!すごすぎる。。ちなみに、ヤクルトの岩村選手はデビルレイズに4億くらいで落札された可能性があると報じられています。4億円だって、ものすごいのに、60億ってなんですか?普通の会社の売り上げみたいですね。。実は、ここに少し懸念されることがあるのですなあ、(日刊スポーツにも書いてありました)この尋常じゃない落札額はなぜに起こるか?それはその球団(地元メディア)がその試合の放送権を日本メディアに売ることを前提にしているからです。松井やイチローもそうですが、入団してからは日本でもその雄姿を放送で見ることができます。それは日本のテレビ局がヤンキースやマリナーズのある地元メディア(球団にもかな?)からその試合を放送するための権利、つまりは放送権を買い取っているからなのです。その額はけっこうなものなんですよ(W杯とかだと数千億円とかって話にもなりますから)だから、球団にとって日本選手を取得することは、もれなく放送権という収入(その他、日本人客の集客、グッズ販売などなど)など、大きなメリットを手にすることになるのです。なので、純粋に実力の評価が落札額に出ているとは言い切れないのですねえ。で、少し話は戻って、日本人選手を取得する際、そういう放送権の収入を眼中にいれながら落札が行われるので、このようなとてつもない落札額の高騰が起きるわけなんですねえ。(どうせ、後で金が入ってくるから、お金は積みまっせ、って感じ)こういう現象が続けば、松井、イチロー、松坂、と、どんどん日本球界を代表する選手がメジャーに流出するおそれが出てくるでしょう。NPBさん、どにかしないと・・・。


私:「アミちんも日本球界のために、広島やロッテのボール犬のように人肌ぬぐか?」
アミ:「ええよ!」
私:「食べ物を目の前にしたときの愛嬌じゃだめなのよ?それ、その顔。。」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です