メモリーの容量単位も宇宙規模へ。

先日、ついに外付けのハードディスクを買いました!いろいろと迷いましたが、価格コムで調べて、2番目に安いところで(1番目のショップの評判がよくなかったから)購入。メーカー希望小売価格が63,600円のものを、46,800円で購入。いい買い物でしょ。買ったのは、バッファローのHD-M1.0TIU2/F-WHです。記憶容量はなんと1TB!なにがすごいかわからない方に簡単に説明すると、おおよそ、1000MB=1GB、1000GB=1TBなのです。市販のDVDが一枚約4GBなので、DVDに換算すると、DVD250枚分をデータ保存することができるのです!(CD-Rだったら、軽く1000枚以上ですね)いいものがあったので貼っておきましょう。

1B(バイト)=8bit(ビット)
1kB(キロバイト)=1024B(ただし1000Byteと区別するため1KBと表記することが多い)
1MB(メガバイト)=1024KB
1GB(ギガバイト)=1024MB
1TB(テラバイト)=1024GB
1PB(ぺタバイト)=1024TB
1EB(エクサバイト)=1024PB
1ZB(ゼタバイト)=1024EB
1YB(ヨタバイト)=1024ZB(ちなみに、Y= ヨタ(yotta)と言い、10の24乗倍だそうです。)

これを見ると、なんとTBの上もまだ存在するんですね。。まあ、このレベルになると顧客情報などを取り扱う法人などのシステムとかのレベルになってきますね。私のような個人として使用する際は1TBあれば十分でしょ。特に、私の場合は音楽を日々作成しているので、その音楽データでパソコンが悲鳴を上げていました。(MacPowerBookG4内蔵HD80GB)1曲作るのに、ヘタをすると、DVD一枚分の4GB以上使用してしまうこともしばしばあるので、私のパソコンがいっぱいいっぱいになっていました。これで、余裕を持って音楽作業ができます^^ネットショッピングの場合、量販店でよくいう5年保証付きというものがないので、(あるとこともあります)、大事に使います。量販店でもまあ、よかったのですが、安さ重視で。。「他店より1円でも安く」という文句もねえ・・。その辺の話は次回にしますか。ではでは~。


アミ:「あらよっと。。」
どこでも顔を乗せるアミちん。楽をするための脳は結構な容量があるかもね^^

おすすめ

2件のフィードバック

  1. おひさ〜
    容量もそうだけど、回転数もハードディスク選びにはかなり重要よん。
    7200回転〜10000回転くらいの高速ハードディスクじゃないと、”音源”としては使えない。。
    1TBも容量があるならバックアップだけじゃなくて、音源としても絶対活用したいところ!
    本体のハードディスクには極力負担をかけたくないよね〜。
    どう?
    ちなみに、FIREWIREも400Mbpsを使うなら(多分G4は400Mbpsじゃないかな?)USB2.0を使った方が早いらしい。

  2. ガタ より:

    どもども。
    回転は7200だし、USBも2.0のturboUSBってのがあって、かなり早いよ~。
    FireWireはオーディオインターフェイスで使っちゃってるから、USB2.0があって、ちょうどよかったよ^^
    あとは音源充実させれば、結構利用価値が上がってきそうだね。
    うほほ~い。
    このHDから、2008年さらなる進化を!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です