リスクってなんぞや。

昨日、電車事故のオンパレードで目的地まで2時間半もかかってしまった。。私の使用する私鉄ではトラックと特急が接触し、しばらく不通。都内に入ったと思えば、人身事故により山手線などJRの運行に影響があり、大変でした。JRでの人身事故は結構ありますが、私鉄による事故は本当に珍しい。自動車、電車、飛行機とあらゆる乗り物の中でも極めて高い安全性を誇る電車。よく飛行機が確率的には一番高い安全性を誇るように思われますが、致死率との兼ね合いを見ると、そうでもないのです。こんなデータがあります。(以下、Yahoo智恵袋から引用)

鉄道事故=百億(移動距離×乗客)あたり、
9人が事故に遭う。
飛行機事故=百億(移動距離×乗客)あたり、
3人が事故に遭う。

これだけだと、飛行機の方が安全だと思ってしまいます。
が、移動距離ではなく、移動の時間で比較すると、結果は逆転します。

鉄道事故=一億(移動時間×乗客)あたり、
7人が事故に遭う。
飛行機事故=一億(移動時間×乗客)あたり、
24人が事故に遭う。

と、まあ、乗り物のリスクを考えた際、飛行機が一番安全だとか、電車の方が安全だとか言い切れないのですねえ。ちなみに、新幹線は自殺を除いた、自発的な事故の無さは世界的に有名だそうです。ってな感じで、結構な確率、運の悪さ?でその電車事故に遭遇したわけではありますが、足止めをくらったわけですわ。日々、あらゆるリスクに囲まれながら生活している私たちであります。そんなリスクをあらゆる角度から考察している興味深いHPがありましたよ。興味のある方はどうぞ
http://www.nucpal.gr.jp/website/support/risk/convenience-2.html
まあ、何がリスクでどれが高くて低くて、など考えながら生活なんかできません。
ましてや、テポドンなんか打ち込まれた日にはねえ^^さて、毎日、一生懸命に生きますか!


アミちん辞書にリスクという文字はありません。(無防備)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です