人間の完全さ、不完全さ。

店の帰りに久々にマクドナルドに行きました。(軽食摂取)その店の中の席に座ると目の前に小さい丸が整列を成した模様のガラスの壁があったのですが、その壁ごしに外の暗い中を走る車を見るとライトの部分がなぜかダイヤモンドのようにキラキラと見える。信号の光、車のライト、店のライト、すべてがダイヤモンドのように、漫画のようにキラキラと輝いてみえるのでした。なぜ?たぶん、それは推測するに、人間の目の錯覚効果。丸と丸を整列された模様は違う視点でみれば、ちょっとした星型の模様にもなるわけなんですよね。丸と丸の隙間は星型なのです。イメージできるかなぁ。。
http://www.usiwakamaru.or.jp/~doraemon/jyuku/sakkaku/sakkaku.htm
ここのサイトにあるように、●という記号が欠けたりすることで違う形が見えてくるイメージに近いのかもしれません。人間の目は画素数に換算すると600~700万画素くらいの精度になるという話もあり(一概には言い切れないらしいですが)、すごい構造であり、能力があると思いますが、一方で、このような錯覚を引き起こすトリック的なものがあります。ほんと、不思議、人間の体、体、からだ。。


イスに混じってアミちんが見えるような気が。。
だまし絵?というか、普通にアミちんが顔を乗っけてくつろいでるだけです^^

あわせて読みたい

1件の返信

  1. あざみ より:

    可憐なアミちゃん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です