休日のための仕事?仕事のための休日?

今週は連休と連休にはさまれて、通常通りでいけば、火曜、水曜、木曜と出勤すれば、また連休という喜ばしい週ですねえ。(そうじゃない方、おつかれさまです!)日本の祝日って世界的に見ても結構多いみたいね。数えてみたら15日ありました(たぶん合ってる。。)アメリカとかは7日しか祝日ないみたいね。アメリカ人働き者だねえとは思いますが、日本と違って、アメリカとかは日本人からしてみれば異常に長いロングバケーションがありますからな。祝日数とは違い、日本人の労働時間はトップクラスです。2002年のとかのデータだと韓国が1位で、日本が4位だったりもしますが、まあ、このデータはそのまま鵜呑みにすることはできませんな。なぜならば、日本には「サービス残業」たる悪しき習慣があるわけですから。。医療、IT、マスコミ、商社などの業界では、これが日常に完全に根ざしている感はありますが、この日本のサービス残業は国連から人権問題として指摘されてるみたいですねえ。不況の最中では、景気回復のために何が原因か、労働体系が問題か、など色々取りざたされたりもしましたが、ここ最近、日本経済も復調している感じもあり、こういう日本の労働体系を問題視する流れも無くなっていくんでしょうな。まあ、国民性というか、身を削って、何か(やりがいのある仕事)をするってのは結構気持ちよかったりもしますが、駅や公園にいる数多くのホームレスを見ると、日本にはワークシェリングという考え方ってのは到底、根付くことはないだろうなあとつくづく考えさせられるロン毛の私でした。。

参考サイト
http://nedwlt.exblog.jp/i10


アミ:「うま、モグモグモグ。」
アミちんのドッグフードのための対価労働は
「おすわり」「お手」「おかわり」「ふせ」「まわれ」「ハウス」「ちゅっ」(僕にチューします^^)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です