便利なものも充電切れじゃ意味が無い^^

週末、どたばたで携帯の充電をすることもままならず、家を出て、案の定、次の日の夜にはぷっつん電池が切れました。(充電してから約55時間、もったほうなのかな?)携帯が普及するようになって、まだ十数年なのに、今では手放せないものに。。(電池切れると大慌て)そんなことを実感した週末でありました。充電が無くなりそうなとき、あなたはどうしますか?実は、結構賢いのが、潔く電源を切ることなんですよねえ。携帯電話は結構な情報量(電話帳)になっており、その機能を最低限使用できる状態にするために、電源を切ってしまうという考えです。後は、これもまた結構大事、圏外ではなるべく電源を切る。これは、実は通常時よりも圏外時の方が電池をくっているためです。なぜならば、圏外時は携帯電話はがんばって、電波を探そうと必死になるのです(イメージね)いつもよりアンテナをはろうとする分、電池をくうというわけです。と、まあ、裏技のうようで、全然裏技じゃない、うんちくをたれましたが、携帯の充電がやばいとき、普通はみなさん、コンビニとかで電池付き充電器とか購入しますよね?そんなのもったいないという意見もあると思いますが(そう状況の度にね)そんな方には、乾電池いらずで手動の充電器(携帯手動発電機)っていうのもあります。自分でその機器をシェイキングすると電気が発生するというアナログな商品なのです。また、それとは対照的に太陽族たる商品があり、ソーラーパワーを活用したハイテクな充電器もあるようです。どちらにせよ、経済的なのような気もしなくもないです^^(半永久に使えるから)まあ、便利になった分、その便利(携帯)が不具合になると大変な思いをしますねえ。ひと昔はまったくなかった代物なのに。。(←おっさん的発言?)便利は、またそれ(便利)が無くなった時の不満をも生むものだと思います。便利が世界をどんどん覆い尽くしていっていますが、どうなっていくんでしょうねえ^^(人類がわがままになっていく?)さて、充電しよしよ。


アミ:「ふへへへ~。。」
ソーラーパワーを充電中のアミちん。しっかり、顔をはずしているのがにくい^^

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です