信頼関係は相手をよく見ることから。

あなたは勘がいいでしょうか?相手の嘘などを簡単に見破りますか?私?私は結構自信あります^^それはどうしてって?それは簡単、人間は嘘をつく時、必ず通常と違う動きをします。(経験則)微妙な動きだったりしますが、見逃すはずはありません^^そういう動きが無い人というのは、嘘をつくのが当然というか、なんの悪気も感じない稀な方です。(問題です。。)で、その違和感のある動きが顕著に表れるところ、それは、一番は目ですかね。よく言うものですが、自分から見て、相手の目が右上を向いている場合、「過去の体験を思い出している」(思い出話など)、左上だと、「見慣れない、聞き慣れないものを想像している」(自分なりに解釈しようとする時など)、右下だと「視覚に関するイメージを持っている」(曲を思い出す時など)、左下だと、「身体的な運動をイメージしている」(辛かったクラブ活動を思い出す時など)最後に、目がキョロキョロしている場合(わかりやす。。)、「今までに見たことがないような光景を思い浮かべている」(空想時など)というように心理学的に言われております。(キョロキョロは相手を見れない後ろめたさも表しているとも言えますね^^)あと、私流によく見ているのは、手ですかね。手や指の動きは人の心理状況をよく表していると思います。たぶん、目の視覚だったり、手の感覚というのは、人間の五感の中でも特に抜きに出てる感覚部分なので、ちょっとの心理作用(脳内作用)に影響されやすいのかもしれませんね。最初に嘘を見抜くとは言いましたが、そんなことだけではなく、相手が今、どんな心理状況かなど、思いやる技術として、こういうことを知っておくこともいいかもしれませんねえ。個人個人、動作には癖があるので、一概には言えませんが、相手のシグナル(癖など)を把握しておくことは自分にとっても、相手にとっても多数の利点があるでしょう。ではでは。


左上ってことは、「あぁ、今、たぶん、こんなこと話してるな。」
アミちんは、いつもこんな顔して人間の会話をリスニングしております^^

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です