利き腕、効き足、そして、効き目もね。

ただいま、左目のまぶたがひくひくと痙攣して、煩わしいです。。多少の疲れも影響しているのかもしれませんが、なぜ左目なのかが気になりますね。答えは簡単、効き目が左目だからです。利き腕、利き足があるように、目にも効き目があります。普段、両目を使っているようでも、効き目が対象物をとらえ、効き目に合わせてもう一方の目が調整をしているというのが本当のところだそうです。意外と自分の効き目を知らない方も多いのではないでしょうか。どちらが効きかの診断は簡単。
1、まず、目標となるものを決めます。壁に掛けてあるカレンダーやなんでも。
2、次に、その目標から5m以上離れて起立の姿勢で立ちます。(別に座ってももよし)
3、自分の利き手(指)で目の前に丸を作ってください。このとき、腕はしっかり伸ばしてください。そして、必ず両目でその円の中から目標物を見ます。
4、そのまま動かずに片目づつ閉じます。このとき、円の中に目標物が見えたほうがあなたの利き目です。
例えば、 右目で見たときに円の中に目標物が納まっている→利き目は右。
ということになります。
私もこれを試したところ、見事に効き目が左目ということが判明しました。左目がいつもひくひくするのは、効き目を酷使してるからなんですね。パソコン作業などをしていて、右肩だけが凝るとかの症状も効き目のせいもあると思います。
ちなみに、一般的には、効き目が右という人のほうが圧倒的に多いらしいです。ウインクをする時、効き目ではないほうの目をつぶるそうなので、周りの人に試してみるのもおもしろいかもしれません。右目が効き目の人が多いので、カメラやビデオなどは右利き目用に作られています。(だから、私もファインダーは右目でのぞきます)効き目がどのように決まるかは定かではありませんが、ゴルフや野球など、運動選手には効き目が左という人が多いらしいです。(利き腕と逆。右利きは左肩を前方にしますからね)こういうことを考えると、私もアスリートの一員のようで、なんだかうれしいですね^^ではでは、どうでもいいような、どうでもよくない話でした。(目は大事ですから)

nenneami.jpg
私:「アミちんの効き目はどっちだろうねえ。はーい、この指の輪を見てみて~。」
アミ:「今やんなくてもよくない?ねむ・・・。」
3つの機能・アイケア XFT-660 【アイエステ】

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です