右か左か、上か下か^^

あなたは右側?左側?何の話かというと、自分が彼女や彼氏、もしくは、夫や妻など、カップルで一緒に歩くとき、相手のどちら側に位置して歩くかというものです。私の場合は特に決めてるわけではないですが、相手の右手に立って歩くことが多いですねえ。このどちらっていうことで、ちょっとした心理を探ることができるみたいですよ。相手の右手側に立つ人は自分が主導権を握りたい、とか自分の身は自分で守る、というような考えの人が多いようです。その逆、相手の左手側に立つ人は、リードされたい、守ってもらいたい、と考える人が多いようです。一概には言えませんが、どうですか?みなさんは自分とあてはめてみて当たっていますか?まあ、あと、こういう心理学的な話以外にもおもしろい違う発想があったりします。右手に出るものはいない、というようにこの語句から、自分の右側には自分より上手の人がいるという考えにもなるわけで、この語句から考えると、自分の右手側には自分より上の人、左手には自分より下の人を位置して行動するという解釈にもなるわけです。でも、これって、上記の内容と少し被ったりしますよね^^あと、また別の発想で、心臓側を相手側にする、つまりは、自分の左手側を相手側にする人は相手に自分の急所をさらけ出してるわけでもあるので、心を開いて話すことが得意という話もあったりします。右に立つか、左に立つかってだけの話ですが、いろんな発想があって、おもしろいですね。


アミ:「ふがふがふが」
私の左手によくしがみついてくるアミちんは、私にリードしてもらいたいってことだね。ふふふ。私が主導権!

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. あざみ より:

    アミちゃんと、ガタさんは、いい主従関係みたいですね。右利きの人が左利きの人と連れ立って歩くとき右手で相手の左手を握ると思うのですが。私の彼は左利きという歌ありましたよね。

  2. ガタ より:

    主従関係というか、親子兄弟友達関係ですね(すべて)
    利き腕でつなぐイコール利き腕を相手に委ねられるか、という信頼度をあらわす見方もありますよね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です