命を脅かすもの。

昨日、地元の市内で変死体が見つかったようです。どうやら、殺人事件の可能性が高いようです。こわいですねえ。でも、私が学生時代にも、自宅から1キロも離れていないところで殺人事件と思われる事件が発生したことがあります。(犯人捕まったのかな?)当初は警察がうちにも来て聴取を受けたこともあります。●日の△時頃、あなたは何をしてましたか?と警官に聞かれ、アリバイを問われました^^あ~、貴重な体験でした^^たぶん、近所の家を片っ端からそういう捜査をしているんでしょうねえ。まあ、その聴取の際、家族構成を聞かれ、犬を飼っていることをその時に言ったら、「犬の名前は?」と聞かれた時には、なにと関係あるの?と突っ込みたくなりましたがね。^^話は少し戻って、こんなにも殺人事件が身近で起こると少しこわいですが、平均すると日本では平均4件くらい殺人事件が発生しているようです。(ちなみにアメリカは40件以上)それを考えると4件のうちひとつが近所に該当してもそんなにおかしくはないのかな?殺人事件の9割が顔見知りの犯行、親族による犯行が約5割だそうで、まあ、考えてみれば、大体、感情のもつれなどからそういう犯罪を犯す場合が多いですから、身近な人間じゃないとそういう感情自体も起きないので、この数値データは納得という感じですね。(身近な人間同士の方が密室性が高まりイコール犯罪性も高まりますから)まあ、こういうデータから身近な人間に気をつけろというように、まわりの人に対して疑心暗鬼になる必要はないでしょう^^周りの人と仲良くねってことですね。でもですね、周りの人の脅威よりも実は自分自身が脅威になる場合もあるのですねえ、これが。。年間の自殺者数は3万人を超えます。一日あたり85人以上というので、殺人事件などとは比較にならない数字です。これを考えると他人の脅威よりも自分自身との戦いに負けないことに必死になった方がいいのかもしれませんね。みなさん、周りにもそうですが、ご自愛もしてください。ではでは。


アミ:「ご用心!ご用心!」
夜の街を目を光らせてパトロールするアミちんでした。(こわ)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です