夜空の輝き。

先日、動画と共にお伝えしたカナダに落ちた隕石と思われる光の物体ですが、残念なことに?隕石の破片が見つかったようです。。凍結湖の氷上に数千個に及ぶ多数の隕石の破片があったようです。推測するに、この隕石は約10トンもあったと見られるそうです。ちなみに、現存する最大の隕石は、アフリカのナミビアで発見されたホーバ鉄隕石で、重さは66トンにも及ぶそうです。長い年月で腐敗も進んでいるので、元々は100トンはあったのではないかとも言われています。(すご)またまた、ちなみに、隕石と流れ星の違いは、簡単に言えば、地球上に燃え尽きず落ちてくるか、来ないかの差です。なんか、流れ星が見たくなっちゃいましたね。近々のよく見えそうな流星群は、ふたご座流星群でしょう。2007年は、ピークで1時間に160個以上が見られたそうです。2008年の予想される極大時は12月14日だそうです。(期間は5日から20日頃)この期間は、機会があれば夜空を眺めてみましょう!晴れて~。
hutagoza.jpg
私:「ほら、流星群でも見ておいで。」
アミ:「ストーブの方がいい・・。」
隕石コレクター―鉱物学、岩石学、天文学が解き明かす「宇宙からの石」

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です