夢という不思議。

昨晩、怖い夢を見ました。。具体的にはよく覚えておりませんが、誰かが亡くなったり、争ったりといった感じでしょうか。強烈な印象の夢というのはいつになっても覚えているものです。人に刺されたり、歯が折れたり、地球外に自分がいたり。。などなど。(みなさんはどんな夢がありますかね?)夢って、なんじゃ?いろいろ説はあります。自分の潜在意識にある欲望の現れという説や、なにかを忘れようとするために夢を見るという説などなど、、で、今、一番、有力とされている説は夢を見ることでいろいろな記憶を整理しているという説です。日常の生活で無数の情報を僕らは浴びますが、それらを寝ている間に脳が整理をしようとしているみたいです。その過程で見るのが夢というわけですね。確かに、脳の実験で、何かを記憶して、寝ずに8時間いた場合と、8時間寝た場合を比較したところ、寝てない場合は9割忘れてたが、寝ていた場合は半分ちかく覚えていたという報告もあります。そういう意味でも、この説は有力なのかなとも思います。まあ、これは科学的な論理ですが、神秘的に解釈する場合は、また、いろいろな論理が出てきますね。まあ、今回は科学的な視点で見てみました。ただ、どちらの視点も溢れる私の好奇心を満たしてくれるものではあるのは間違いありません。^^


アミ:「ZZzzzz・・・」
ノンレム睡眠中かな?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です