天国じゃなく、トイレへの階段。

昨日は少々飲みすぎました。。いや、量はそれほど飲んではおりませぬ。ただ、あやつにやられましたのです、それは「天国への階段」というカクテル。2軒目のショットバーで名前につられて何も知らずに頼みました。カウンターでそのお酒がつがれるのを見て、「おいおい、もっと、なみなみについでくれよ」と心の中でぼやく私でしたが、控えめについだその理由が飲んでみてわかりました。う、強い、、そして、独特の風味。。ちょっくら、カクテルに無知な私なんで、先ほど、少し調べてみると、アルコール度数68のアブサン(ニガヨモギを主成分とする、禁断の酒。常用すると神経系が侵され「アブサンティズム」と呼ばれる幻覚を伴う中毒になるという。退廃的な雰囲気の19世紀ヨーロッパでは、ゴッホ、ゴーギャン、ドガ、モネ、ヘミングウェイなど多くの芸術家がこの味に魅せられ、そして廃人になったという。いまでは製造が中止され、代用品としてアニスという薬草が主成分のペルノーにとってかわられた。)というやつがベースのカクテルらしいっす。なんか、この説明見ると、いかにも、やられる理由がなんかわかりますわ。世界で一番強いと言われるスピリタスというウォッカは度数96なんで、それに比べればこれくらいの度数はと感じますが、赤ワイン12、焼酎12~25、ビール5、日本酒15などなどの度数を考えれば、やっぱ、それらの4,5倍くらいってことで、やっぱ、すごい強いお酒には変わりはないのね。。う~、少しおなかがゆるいっす。天国への階段ではなく、自分の部屋とトイレの行ったり来たりの階段の往復でござりまする。。

引用:
http://blog.yuki.la/archives/2004/06/post_98.html


アミ:「いったい、世の中はどこに向かっちまってるのかのぉ。」
思いに耽るアミちんを眺めつつ、あのままの状態で海とかに浮かしてみたいと妄想する私。
どんぶらこ~、どんぶらこ~

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です