宇宙の果て。

130億光年先の星の撮影に成功したそうです!
記事参照
130億光年。。想像もできませんね。。(1光年は約10兆キロ)
130億光年と聞き、まず、私が思い浮かんだのが、宇宙の年齢。
宇宙の年齢は現在は137.2億年とされています。一瞬、私は宇宙の果てをついに人類はこの目で見たのか?と思いましたが。違いますよね。ビッグバンを中心に広がる宇宙の大きさを考えれば、私のこの発想は間違っていることになりますよね。単純に考えても、ビッグバンを中心に光速の速さで宇宙が膨張していたと考えても、宇宙の大きさは半径が137億光年の直径が274億光年の円、もしくは球体の大きさと推測できるわけです。しかし、実際のところ、宇宙の大きさは、現在、半径約470億光年と考えられているそうです。あれ?全然、違うですね。それもそのはず、宇宙の膨張の速さは、光速の約3.5倍だとか。。(もう、わけわかんないですね)
と、まあ、こんな壮大なことを考えて、狭い地球で起きてる、自分の周りで起きてる様々な問題を俯瞰して、笑い飛ばしてしまいましょう。ではでは。

kusa2.jpg
私:「宇宙に限りはないなあ・・。」
アミ:「むしゃむしゃむしゃ。」
私:「おぬしの食欲も限りが・・・。」
散歩中に草を食べまくるアミちんでした。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. fumilin より:

    アミたん・・・葉っぱ食べてダイジョブ?

  2. ガタ より:

    我が家は自然、本能主義なんで、大丈夫ですよ、きっと^^
    今までも食べてますが、丈夫な子に育ってます。
    草を食べる時のアミたんはヤギのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です