宇宙年齢から見た、日食といミラクル!

今日は、テレビ朝日で政治やら教育をおもしろく、かつ、結構まじめに番組をしてましたねえ。えなりくんが政治家に「年金なんか、本当は払いたくないんだ!」と切れてた姿には受けました^^っと、その辺の話をしようと思いましたが、今日は現実逃避をして夢の世界に行きたいので、話チェンジ!・・・・昨日、スペインにて金環日食が起きましたね。皆既日食ってのはよく耳にしますがねえ。この金環日食、1764年以来というから、実に241年ぶりですね!すごい!でも、リング状のように見える金環日食だったり、全部が覆われる皆既日食だったり、なんで、日食に差が出るのですかね?それは、太陽を回る地球の軌道も地球を回る月の軌道も完全なる円ではなく、楕円を描いてることによって、周期のタイミングによるズレによって、こういう日食の種類が生まれるみたいですね。う~ん、ほんと、おかげさんでいろんな神秘を見せてくれますわ。ただでさえ、日食ってのは、太陽と月の直径比が400倍で太陽と月の地球との距離比も400倍っていう偶然?の一致による神秘的な産物なのに、その産物(日食)に違う楽しみも付け加えるなんて、GOODです!ただ、月は毎年、地球から3cmほど遠ざかってるという話も。そうすると、いつの日か、その距離の変化によって日食という神秘も見れなくなるのね。。数億年後。。う~ん、いい時期に生まれましたわ、わたくし。(ほんと、そう思ってる?^^)


アミ:「う・うお!」
やっぱ、犬猿の仲?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です