年に一回の出会い?七夕みたいね

今日は年賀状を作成してみました。来年は戌年!そうアミちんの年!年賀状作りに励みますわ!今年は何枚出そうかな?そして、何枚返ってくるかな?^^近頃は新年の挨拶をメールで済ませる人も多いですねえ。(住所知らない友人には私もそうしてますが。。そして、年末年始のメール混雑遅延不届き状態!)今では年賀状作成ソフトにより簡単に多数の年賀状を作成することが可能になりました。しかし、送られてくる年賀状が印字だけのものであると少し寂しさを感じることもしばしば。こういうのを見ると年賀状の意義というものを考えさせられてしまいますなあ。とは言いつつも、思いもよらない人から年賀状が来たり、肉筆で書かれた一言に心が和むこともしばしば、、年賀状の楽しさ、嬉しさを感じることもあります。確かに年に一度の年賀状でしか連絡をとらない仲の人もいますが、この年賀状には住所確認(連絡先確認)ということにおいて大きな意味合いを持っているようには私はまたまた勝手に考えます。年が経つ中で、新旧すべての友人が全国、もしくは世界中のどこかに移動することがあったとしても、毎年の年賀状において、その居場所変更の知らせをすることができるのです。(わざわざ、引っ越してすぐにあらゆる人に住居変更の旨を報告することも少ないと思うので。ばたばたするからねえ)たとえ、定期的に会っていなくとも、どこに誰がいるかということだけでもわかっていることは、何かがあった時(出先、旅行先で立ち寄ることや、もしくは、その友人の近隣でアクシデントがあった場合などなど)にこういうツテが活きてくることもあるのではないでしょうか。また、「世間は狭いねえ」という言葉をよく聞きますが、これは自分の知り合いとある友人の知り合いが共通だった場合などに用いられたりもしますが、このネットワークが円になるようなことも、年賀状という年に一度のキャッチボールによって生まれると思います。ネットワークが広がることも、つながることにおいても年賀状はやっぱ大事でしょう。(お歳暮、お中元はともかく、手紙もろくに書かなくなったこの時代においてね)みんな、アミちんのプリチー年賀状お楽しみに!


アミ:「ダイエットのおかげですらっと鼻が高くなったわ。」
アミ:「高くなって、さらに食卓のにおいがよく嗅げるようになったわ!とほほ」
私:「高くなるはずがなく、高くなったのは食欲の度合いじゃない?だからにおいがよくわかると^^」

おすすめ

2件のフィードバック

  1. あい より:

    アミの年賀状ゲットしたいからあとで住所メールでおくろうかなあ〜
    ヨロシク〜

  2. ガタ より:

    こんばんは~
    どうぞどうぞ。めちゃくちゃプリチー年賀状です!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です