幸せの黄色い、、、じゃなく白い毛。

ハウスバンド(店内のバンドね)のドラマー(ドラム叩く人ね)と閉店後よく始発の時間まで店内でおしゃべりをするのですが、先日、そのドラマーから「白い毛が頬から生えてるよ」と指摘されました。そう、私はよく目の下というか、頬から長い白い毛が生えるのです。(猛烈なスピードで成長する、今3センチくらい?ドラえもんみたいです)言われて、またかと気づく。ドラマーの「おれもたまに生えるけど、すぐ抜いちゃうんだ」という言葉に、私は「それ、幸せの毛だから抜いちゃいけないとか言いません?」とコメント。他愛も無い話だが、ドラマーは「なに?」と一言発し、少し沈黙。「最近、いいことないしなぁ」とポロリ。まあ、これはあくまで、伝説的なもので、楽しい考え方の一環ですね。まあ、ちょっくら調べると、この長くて白い毛は、宝毛、幸せの毛、福毛、猫の毛、宝髭と地方によって様々な呼ばれ方がされているようです。ひとつの諸説として、仏像の額によくホクロのようなものがついていますが、あれは、実はクルクル巻きにした白い毛なんだそうです。「百毫相」と呼ぶみたいです。その毛は仏の知恵を表しているようで、その毛を伸ばすと2メートル近くになるとかなんとか。ということから、仏様と同じ白い毛→幸運のシンボルということになったようですね。う~ん、仏様の毛かぁ、すごいんだなあ、この毛。(ちょいちょいと触ってみる)医学的にはよくわかっていないようですが、(まあ、調べる人もいないよね)成長しすぎた毛とか、圧迫や摩擦が毛根を刺激したせいとかなんとか。ちなみに、この幸せの毛、人に話したり、見せたりすると、ダメみたい(幸せが来ず?)。。う~ん、モロに公開してますな。まあ、またすぐ生えてくるんでその時はだんまりしてます^^みなさん、この毛に気づいても知らないふりをよろしく。幸せカモ~ン!!


私:「幸せの白い毛か、ふふふ。」(少し上機嫌の私)
アミ:「ん?なんじゃ?」
私:「君には負けるわ。。」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です