忘年会だよ、手品だよ、ネタばれだよ。

忘年会シーズンですねえ。みなさん、飲んでますか~。飲みすぎにはご注意を。そんな集いの場でちょっとした小ネタを披露すると結構盛り上がったりしますよね。よくあるのは、簡単な手品です。私も自分でできる手品を知ってますが、なかなか、手品グッズを使わないものでの手品ってのは限られてきてしまいます。ここで、ちょっと、そういったグッズを使わないでできる手品のやり方とか種明かしを集めたサイトを見つけたので、どうぞ見てみてください。これからの忘年会で使えるものがあれば、是非!
http://www.clio.ne.jp/home/hashiba/tejinamokuji.htm
さて、手品といえば、今はどうなのかわかりませんが、マリックとかセロとか、いろんな驚異的なマジックをする人も多々います。あれは本当にマジックなのか?本当の超能力ではないかと考えてしまう方もいるかもしれませんが、まあ、常識的に考えて、全部、仕掛けやら種はあるはずなのです。そのひとつとして、セロのハンバーガー屋さんのメニュー板から実物のハンバーガーを出してしまうというマジックがありますが、そのネタばれを発見しました。別の人が、そのマジックを再現しているのですが、まあ、手品ってのは、すべては練習の賜物ってことで、この再現は少し雑なものになってます。(セロのマジックに比べればね。それに、仕掛けをわかりやすくするためにわざとヘタにしてるかもね)ただ、ネタばれとしては、十分な材料です。セロや、そうい類のマジシャンってのは、ある意味、エンターテイナーだと思います。あらゆる仕掛けや準備や人々の協力の下での総合演出者なのです。事実、映像のCG処理や、下記の動画を比較してもらってもわかりますが、カメラワークにも十分な配慮がされてるのがわかります。(絶対、横から撮影しない)路上で驚く人々も何人かはサクラという説も多々あります。(じゃないとその場でネタばれして興ざめしちゃうでしょ)なんだよ、インチキかよって短絡的に考える人もいるかもしれませんが、私はそうは思いません。みんなに感動、感嘆、魅了させる素晴らしい演出者だと思います。すべては、猛練習の成果。そして、周りのサポートのおかげ。周りのサポートを得るのもセロの人間自身がどういうものかで決まってくるわけなんで。では、そういう私のうだうだを大前提に動画をご覧ください。
http://swfblog.blog46.fc2.com/blog-entry-812.html


アミ:「・・すると、、、な・なにも無いところから糸が!!」
私:「タオルがあれば、出てくるのは当然。。」
アミ:「・・・・・・・・」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です