愛・地球博!総括!

あれれ。愛知県から携帯でブログ更新してたつもりだったんだけどなぁ。そう!万博行ってまいりました!ってことで、じゃあ、2日分行っちゃいますか!(気持ちだけね)
金曜、土曜と行って来ましたが、入場者数が金曜は9万、土曜は15万弱くらいだったようです。すげーなぁ。金曜は雨で雷も落ちてましたが、そのおかげか、ずいぶんと空いてましたな。あと、両日言えたことだけど、雨とかのせいで涼しく過ごせました。(猛暑だったら、結構やばいんじゃん?)2日間、足が棒になるくらい、歩き回り、数多くのパビリオンを見て回りましたが、唯一トヨタ館が入れなかったのだけが少々心残りかなと。土曜はトヨタ館に入りたいこともあり、7時半にはゲートに到着したけど(9時開演ね)、すでに人ごみでした。。あまりの人渋滞っぷりに8時半から入場を開始しましたが、一人一人、飛行機に乗るように、荷物チェック、センサーくぐりをやってるもんで、なかなか、列が進まず、結局、入場できたのが、9時15分くらいかな?(ちなみに、着替えのパンツだらけの僕のリュックをプリチーレディの検査員に奥まで覗かれたのはちょっぴり赤面でした。。)まだ、行けると思い、トヨタ館の整理券配布場所にダッシュしましたが、すでに完売。。自分的に7時半にゲートに到着することも結構すごいことだと思うのだが(リニモやJRなどの機関はパンク状態よ、朝は。)それ以上の人たちがもっと、もっとたくさんいたわけね。参りましたという感じですわ。人気パビリオンに着実に入りたい方は1ヵ月前くらいからネットで事前予約した方がいいね(それも結構争奪戦だけどね。。)日立館なんか、6時間、7時間待ちとかよ?(インドくらいまで飛べるんじゃん?でも日立館は入れてよかったです。。)・・っとまあ、話せば尽きませぬわ。まあ、こんな話はどうでもいいんじゃ。

チャキーン!♪こっから、まじめな話。

 いろんなパビリオンに入って、数多くの最新技術や催し物、映像や写真を見ました。今回のテーマでもある環境の叡智はいろんな形で現されていたと思います。そこには人間のエゴによって、苦しむ地球の姿というより、飢えた子供たちなど、苦しむ人々の姿が印象的に投影されてもいました。このような地球上の問題を取り上げるようになって、随分と時が経ったような気がします。でも、進化し続けるその時代の最新技術によって、取り上げられる苦しむ子供たちなどの、映像や写真という内容(問題)は変わらず紹介され続けてきたような気もします。日々、盛大なこのようなイベントがなされていくこと自体は結構なことですが、そのイベントで取り上げられるような問題がいつも変わらないこと自体、問題なのかもしれないと少し感じました。
 そういう映像や写真の前に立つ自分たちはおいしいものを食べ、きれいな服を着て、苦しむ彼らにとっては貴重な飲み水を無限にあるかのように使い続け、きれいで安全な場所で休息をとってます。こんな生活を送れるのはほんの一握りです。逆に映像や写真の向こう側にいる人たちの方が圧倒的に多いのです。圧倒的な現実なのです。頭ではわかっていますが、より実感させられました。ほんの一握りの恵まれた見る側の僕らの世界と厳しい現実の中で生きる、見られる側の世界はいつになったら、どうやったら、近づくことができるのか、つながることができるのかということを恵まれた華やかで、そして「狭い」世界で生きる僕らは少しでも考えるような努力をしなければならないのではないかと思いました。
 盛大なイベント、結構、結構。でも、枠に映し出される映像や写真の中こそ大なり!

長々と失礼でした。。

by 不肖ガタ


みんなもそう思うでしょ?(朝8時の入場口前)

アミ:「人間さんよ~、しっかりせんと、出家するぜ?おいら。」

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. +10 より:

    おかえりなさ~い!!
    噂には聞いてたけど、ホントすごいんだねぇ。万博。
    行きたい熱が上がってきたわ♪冷凍マンモスみた?

  2. ガタ より:

    ただいまでやんす。
    マンモス見たよ!思ったよりゆっくり見れてよかった。あと、マンモスを見る前のブルーホールも結構感動しました。トヨタ館に比べて整理券ゲットしやすいので、是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です