投票場で僕と握手!(五人戦士風)とにかく行きましょう。

郵政民営化法案が否決されましたねえ。衆院解散です。でも、衆院では一応法案が可決されてるのに、参院で否決されて、その法案を可決させた衆院が解散ってのはよくわからん論理ですが。。また、普通、総理の解散権ってのは、内閣への不信任があってなされるものらしいですが、今回のように法案が否決されたからって、不信任があるわけではないのに、解散権を行使するってのは事例としては初めてらしいっすねえ。まあ、大臣を罷免したりする面も見ても今回の解散は強引さを感じぜざるを得ませんな。こういうことから、小泉首相は今度の選挙はイメージとして少し不利な感じもします。まあ、選挙は9月11日みたいなんで、みなさん、是非、投票に行きましょう!世の中の仕組みに不満を言う人に限って結構、選挙に行ってなかったりしますからねえ。(はいはいという感じです)政治に興味がないというか、あきらめ感のようなものがあるのも事実ですが、それを変える第一歩が投票ではないでしょうか。税制改革案でも、今回は働き盛りの世代から税をより多く徴収するようなものになってます。「とりやすいところから取る」というようなコメントも聞かれましたが、違う角度からその意味をとれば、自分たち政治家生命を左右する選挙、投票に来ない(投票率の低い)世代の非難をかっても(税率を上げても)平気だともとれるわけです。もっと、言い方を悪くすれば、自分達政治家に投票という権利を行使しないものたちをいくら叩いても、なにも怖くないんですな。現状の政治が全部が全部、悪いとは言いませんが、変えなきゃいけない部分もたくさんあるはず。その変化をもたらすには、まずは、高齢世代のところだけが高い投票率分布を変えなきゃいけないと思いますな。だれの(世代の)ための政治かってのを反映させるにはね。、っと、普段使わない頭から煙が。。


アミ:「へ?屁こいた?」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です