携帯電話業界を揺るがすi-phoneというPC。

11日に発売された話題のi-phone。予約殺到だそうですが、ちょっとご注意。これ、孫さんも言っているように、携帯というよりちょっとしたPCです。ということは、今までの携帯と一緒だと考えると痛い目にあいます。まずは、値段。やはりPC価格です。本体価格は2万円台でありますが、パケット放題に入らないといけない、などのいろんな縛りによって、980(基本料)+5985(パケ放)+315(ベーシックパック)=月に7280円かかります。年間を通して考えると、やはり、PCです。。その他、(今までの)携帯としては疑問を感じる部分をご紹介しましょう
・ワンセグがついてない
・お財布ケータイがついてない
・着うたがついてない
・デコメール(絵文字)ができない
・i-mode、Ezwebなどの携帯電話サイトが利用できない
などなど、結構あります。
その中で、私がちょっと気になったのが、カメラのシャッター音。
日本では盗撮などの防犯のため、マナーモードにしてもシャッター音が鳴るように設計されてますが、このi-phoneはマナーモードにするとシャッター音がしないそうです。。この点がやはり海外携帯ですね。これ、どうなんですかね?ちょっと配慮なさすぎじゃないでしょうか。
その他、通常のソフトバンク携帯電話のEメール送受信は無料でも、iPhoneと通常のソフトバンク間でのEメールの送受信は無料対象外。赤外線通信を使ったアドレス帳の交換できない(Bluetoothでの交換)。既存のソフトバンクユーザーでもi-phoneにするとメールアドレスを変更しなければならない(@i.softbank.jp)
などなど、これまでの携帯電話とは異質なのは明らかです。
キー操作によるメールになれている人はタッチパネルに苦戦することも予想されています。
指紋が気になるとか、爪では反応しない、とか、まだまだいろいろありますね。
こう見てみると、i-podなどの携帯音楽プレーヤーやモバイルPCとして、i-phoneを買うのが一番いいのではないかと感じました。
Docomoはこの辺を考えて手を出さなかったのかな?(アップルのバックマージン設定がやばいからという話も。売れば売るほど経営圧迫?)
今後を見守りましょう。
ami.jpg
私:「なにしとるん?」
アミ:「ソフトバンクからのCM出演オファー待ち。」
iPhoneが日本に上陸する日

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です