数も無限、人間の可能性も無限。

円周率どこまで言えますか? 円周率暗唱の世界記録を持つ千葉県の心理カウンセラー、原口證さん(60)が暗唱10万桁を達成し、昨年自らが作った世界記録(8万3431桁)を更新しました。なんと16時間半もかけて10万桁きっかり暗唱したようです。どれくらいのペースで暗唱していったのかが勝手に気になる私。16.5時間×60×60=59400秒だから、100000桁÷59400秒=1.68350….ってことは、一桁あたり1.5秒強のペースで暗唱していったことになりますね。16時間半というとゆっくり時間をかけてやっていったような印象を受けますが、とんでもない、結構なハイペースじゃないですか?1.5秒強って?(最初の桁の方はもっと早いペースだろうしなあ)原口さんは自作の語呂合わせで円周率を暗記していったようです。(ストーリーにするようですよ)円周率をこんなに覚えて何になるというわけではありませんが、ひとつの物事にこれだけ集中、注入できる力は大したものです。何かを極められる人はきっと他にも力を発揮できる人でしょう。(そこまで集中力を高められるわけですから)現在、円周率「3」という安易な数字で教育されている子どもたちには、なにも関心を示すニュースではないかもしれませんが、数字の無限、数字の不思議というものを感じるために、円周率の無数の桁はこれからも大事なような気が私はしております。^^


私:「3点、何?次は?」
アミ:「はて・・・?」
私:「そういえば、平成生まれか。。」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です