昼間に襲ってくる悪魔、、、

ただいま、お昼過ぎ、眠い眠い眠い。。昨夜珍しく早めに就寝、睡眠をしっかりとったはずの私はなぜ眠い?みなさまもこんなことありますよね。まあ、物事なんでもそうなんですが、しっかり原因、理由があります。昼食を食べると、まず胃や腸などの消化器官系が活発になります。すると、それらの内臓を働かせるために、血液をそれらに送ることになります。そうなると、脳に向かう血液の量が減少しますが、血液は脳の栄養になるブドウ糖や、ブドウ糖をエネルギーとして使うために必要な酸素を供給していますが、それらが脳に十分行き渡らなくなるため脳が眠くなります。また、ゆっくり眠らせて安定した消化をしたいがため、食後に体はある種の睡眠誘導物質を分泌するようです。運動後もよく眠くなりますが(水泳の授業のあととか)それもまた同じで、運動後に血流がよくなり、普段あまり血液が行かないような皮膚の表層とか、すみずみまで血液が行き渡り、また脳に向かう血液の量が減少するので、やはり眠気が襲います。また、体を休ませようと睡眠誘導物質も出るということも、ここでも、もちろん、あります。簡単に言えば、脳の血不足と体のための休め(動くな)サインってことね。ってことは、物を食べなきゃ、眠くならないってことだけど、(まあ、運動は置いておいて)そういうわけにはいかないんで、脳の血不足を解消するために、逆立ちってのはどうなんでしょう^^頭に血が上って、脳にも血が行きそうな気がしますが。。まあ、血流はともかく、逆立ちする自体、目が覚めそうですね。今度試してみようかな。みなさまもお試しあれ。(気分の悪くなった方の責任は負いかねます^^)


アミ:「なるほど、それが原因で。。。Zzzzz…」
私:「ちみの場合はひたすら眠いだけでしょ。」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です