時間帯別トレーニング効果。

縄跳び&筋トレを再開して、はや2週間近く。なんとなく、体が締まってきたような気がします^^前にも書いたことがあるように、マッスルメモリーという、以前に鍛えたことのある筋肉がその記憶によって、久々のトレーニングによって、鍛えていた時の状態に戻りやすいというものが多いに作用しているせいかもしれません。(結構、トレーニングをやってはやめを繰り返しているもので)何事もそうですが、トレーニングは継続が大事です。私は夜の仕事をしているので、継続のために、昼間縄跳びなどのトレーニングをすることにしました。ちなみに、継続が大事なのは大前提として、トレーニングは、時間帯によって、効果が少し変わってきます。早朝や午前中といった体が目覚めてすぐの時間帯は、交感神経の働きが活発で、他の時間帯に同等の運動をするよりも、エネルギー消費量が高くなります。夜間と比べると、約10%は差が出るといわれています。(朝昼晩で朝と昼の間が短いのはそのせいとか)なので、朝の運動はある意味、ダイエットに効果的であります。朝の空腹の状態による運動はすぐに脂肪燃焼につながるので、なおさらです。(運動後の食事は吸収率が高いので、その辺も気をつけて)逆に、筋力アップをさせたい方は、夜の運動の方がより効果的です。トレーニングによって、壊れた筋肉はその筋肉繊維の回復によって、筋肉が太くなるのですが、その筋肉線維の修復・生成が頻繁に行われるのは、副交感神経が働き始める夜なのです。睡眠中に分泌される成長ホルモンがさらに筋肉の成長を促すので、夜間のトレーニングは筋力アップに優れているわけですね。と、時間帯別のトレーニング効果をたらたら書きましたが、何度もいうようですが、継続が一番大事です。こんなこと書いておいてなんですが、継続のできる時間帯を選んでトレーニングを続けましょう!効果は多少変わりますが、大まかには体に与える影響は変わりませんから^^では、継続でシェープアップで夏を迎えましょう!その前に梅雨ね(何度も言いますが)


ナイスバディのアミちんは、トレーニングいらず。。
アミ:「どう?」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です