暫定税率で思うこと。

暫定税率が期限切れとなり、ガソリンに上乗せされていた25円分の税金がなくなりました。となれば、単純に25円安くなると私は思っていたのですが、蓋をあけてみれば、値下げ幅は平均21円と、確か、この前、新聞に載ってました。(各地対応に差が出てます)高い卸値で購入して在庫となってまだ残っている高値のガソリンがあるということもあり、ガソリンスタンドとしては赤字を最小限に食い止めたいということはよくわかります。ただ、この暫定税率、このままだと再可決により、約1ヶ月後には再び効力が出て、ガソリンがまた値上がりして元の高値に戻ってしまう可能性が大いにあります。私が思うのは、もし、また値上がりした場合、ガソリンスタンドは安値で購入した在庫があるということで、暫定税率復活後もしばらく安値で消費者にガソリンを提供するのでしょうか。(そうすべき)もし、暫定税率復活後すぐに25円そのまま上乗せするようなことがあれば、それは消費者がただ損をしているようにしか思えません。暫定税率によって、25円下げる、25円上げるというように対応がはっきりしていればいいのですが、上述のように、それぞれ値下げの対応に差があります。21円値下げして、1ヵ月後、すぐに25円値上げするようなところがあれば、25円下げるべきに21円下げとうことなので、4円分も搾取してるというふうに私は見てしまいます。ガソリン価格の上下幅とその操作のタイミングの対応によっては、ただただ、消費者が損することになりかねません。(単純に現状をみれば、やっぱり21円下げは4円搾取でしょ?)ガソリンスタンドの経営が大変だと言われたりしてますが、やはり、政治や企業の対応のツケは国民たちに回ってきてしまうということです。なんか、くやしくて、たらたら、書いてみました。道路だ、財源だ、ガソリンだ、なんだなんだと言い争った結果、自分たちが損するなら、いっそ、私たち国民が中国みたいに自転車国家になって(今は違うかな?)そんな利害政治に抗議でもしますかね。
sasami.jpg
アミ:「ササミの値段は変わらないから、まあ、ええか。」
私:「人事だと思って!」
アミ:「そう、犬事じゃなくて、人事だもん。」
私:「・・・・」
道路問題を解く―ガソリン税、道路財源、高速道路の答え

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. ガソリン税上げ隊 より:

    そうですか。ガソリンスタンドも損を出したり得をしたり、いろいろ考えなければならないのですか。近くは、車ではなくて自転車で出かけることは、地球に優しい生活になることでしょう。財源を無視した民主党のガソリン値下げ隊は愚民には支持されているのだろうか。

  2. ガタ より:

    コメントありがとうございます。
    そうですね。民主党もですが、自民党も頼りない感じで、ますます政治不信が増しますね。
    私は自転車が主なんで、エコ&ヘルシーです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です