朝風呂or夜風呂。

朝風呂と夜風呂。(シャワー含む)普通は夜風呂だと思いますが、朝風呂を好む人もいますね。疲れてどうしようもない、酔っ払っていて、気分として入りたくないという朝風呂にしてしまう様々な理由があるとは思いますが、私の場合に限っては、ほとんど、どんな状態であってもお風呂に入らないで寝ることはありません。やっぱり、1日のよごれや疲れをとって寝床に入りたいですからねえ。まあ、そんなこんなで、朝風呂ということがほとんどない私でありますが、両者を簡単にいいところ、悪いところを分析してみましょう。(強引ブログねた。。)
朝風呂
メリット
・朝風呂は交感神経を刺激し1日の始まりを引き締めてくれる
・目が覚める
・寝ている間の汚れも落として人に会える(なるほどな発想ですね。自己満足?)
デメリット
・湯冷めなどにより風邪をひく可能性がある
・日中にかいた汗をそのままに寝ることになり、その汗や汚れなどが酸化し体臭となる。(確かに布団の中で発酵しそう)
・習慣化することでワキガや加齢臭の原因になる
・頭皮の皮脂や汚れが原因で薄毛になる
・高血圧の人の半数は、起床時に血圧が高くなるようで、朝風呂に入る事により体に負担をかけ、突然死を招く可能性がある
・朝の忙しい時間に寝てられる時間が、若干削られる(寝る時間を考えるなら、夜も一緒か)
メモ
・朝風呂は41℃~42℃くらいの熱い風呂やシャワーがいいそうです(交感神経刺激)
夜風呂
メリット
・夜の風呂は副交感神経を働かせ高まった神経を鎮めてくれたり、血行を促進し疲れを癒す
・体が温まってよく眠れる
・ゆっくり入れる
・寝床に入る前に汚れを落とせる(寝床を汚さない)
・「もう入らなきゃ」というような強迫観念に襲われずに、夜更かしを満喫できる^^
デメリット
・特にない?寝る時間は上でも書いたように朝入るも夜入るも削られることに変わりはないしなあ
メモ
・夜風呂は38℃位のぬるいお湯にゆっくりと浸かることがよいそうです。(副交感神経刺激)
ということで、やっぱ夜風呂でしょう。(勝手に)
まあ、夜風呂基準で、夜更かしや体調などを考慮してケースバイケースで朝風呂活用がいいのでは?(体臭定着は絶対に嫌ですけどね。。)
レッツ!エンジョイ!バス!(風呂ね)
huro.jpg
アミ:「ふえぇぇぇぇ・・。」
昼風呂の多いアミちん。
入浴後はストーブの前で乾燥乾燥^^
人間洗濯(酵素配合風呂) 1回分

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です