東京VS福岡。

30日に2016年の五輪開催国内候補地が発表されますが、(現状、東京有利だそうで)果たして、東京と福岡とどちらになるのでしょうか。この記事が読まれる頃には既に決まっているかもしれませんね。それぞれの主張はですねえ、、福岡・・・2008年の開催地は北京、12年はロンドン、肥大化し、首都級の大都市開催に限られつつある現状を変え、世界のより多くの都市に門戸を開きたい。20世紀の中央主導型から、21世紀の地方分権型へ。博多湾の豊かな自然の中で開催することにより、環境への負荷が抑制できる。古くからアジア諸国と交流を続けてきた歴史と文化を踏まえ、アジアの融和と発展、世界平和に貢献したい・・・ってなのが福岡。東京・・・さまざま文化や歴史が重なりあう多様性を強調。日本の技を結集したオリンピック開催が可能だとアピールし、大気汚染や交通渋滞などの都市問題を乗り越え、成熟した大都市に成長した姿を世界に示したい。五輪開催を機に、米国、EUと並ぶ第三極の立場を確かなものとすることが、(結構これ大事かも)世界平和をもたらす・・・ってなのが東京。地方都市モデルVS成熟した首都の姿、、というわけです。では、私の勝手な意見、、、できれば、五輪をこの目で見てみたいので、東京になって欲しい。一方で、これでまた、東京になれば、日本には東京しかないの?と世界に思われないのかが少々不安であります。プロ野球の勢いでいえば、今は巨人よりホークスなんですが、五輪ではいかに?

既に結果は出てるかもしれませんが、東京五輪と福岡五輪を比較したい方はこちらをどうぞhttp://www.yomiuri.co.jp/sports/feature/syouchi/sy20060701_02.htm


アミ:「お・・ぉ・・おぉ~、見えた、東京だ、東京になるぞ~。」
うちのあやしい占いババです^^

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です