松井の背番号は言えるけど、牛のは無理だわ、絶対。。

吉野家牛丼復活なるか!?そう、米国の牛肉の日本への輸入が再開される可能性が高まってきました。BSEのリスクは低いという認識からみたいですが、リスクは低いとは言われてもねえ。業者による牛肉商品の産地表示は消費者に対しての義務であり、よりいっそうその必要性が問われてきます。日本では、昨年の末から牛肉のトレーサビリティ法なるものを施行しました。これは、製品の流通経路を生産段階から最終消費段階(場合によっては廃棄段階)まで追跡が可能な状態にするものですが、日本はこれにより、すべての牛さんに10桁の背番号みたいなものをつけることにより、また、その番号が商品に表示、反映させることで、責任の所在を明確にしつつ、安全性を高めたわけです。ただ、米国のトレーサビリティはまだまだ不十分という話が、少し前までありましたが、今はどうなんでしょう?産地表示により消費者は選択の権利を有するように見えますが、たとえ、数多くの牛丼屋やレストランやらで、どこどこ産の牛肉を使用と明記してあっても、その表示が目立たなかったりすれば意味がありませんし、表示詐欺もないことも言い切れませんし、マーケット原理により、国産の牛肉がべらぼうに高くなったり、などなど、いろいろと問題はあり、こういう類の問題が起これば起こるほど、消費者の選択の権利ってのは、あるようでない、みたいに形骸化していく可能性もあると思いますわ。でも、まあ、いくら心配事を並べても、民意を得た小泉さんに任せるしかないんでがね。。(米国の言いなりじゃないっすよね?自発的ですよねえ?あくまで)牛はBSE、鳥は鳥インフルエンザ、豚はなんだっけ、なになに菌かあったよね?、魚はダイオキシンだし、何食べればいいんじゃ~!という世の中になってきましたね。とりあえず、ヤンキース勝ったことでよしとするか。。松井よ~このイライラを吹っ飛ばせ!

※昨日またまたソネットサーバが不具合で更新がされてませんでした。前日のうだうだの方もよっかたら、目を通してくださいな。心洗われる?話です^^


アミ:「く・く・首がぬけん。。」

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. くわばらくわばら より:

    米国牛は食べないのが正解のようです。
    【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官見積(=年間30万トン?)
    http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/c35a71a82981c6c137518f281eb161c0

  2. ガタ より:

    ほう、やはり、そうですかあ。
    いいのかそれで!日本政府!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です