次の太字首相は誰だ?

先日、福田氏が突然の辞任会見を開きました。(夫人にも相談してなかったとか?)安倍氏に続いて、いきなりの辞任。お国のトップとしてはいかがなものかと考えてしまいます。安倍氏については体調不良という、国民に仕方ないかと思わせる理由がありましたが、(頼りない人が首相になったもんだという気持ちもありますが。。)今回の福田首相は、別に体調不良でもなく、具体的に明言していませんが、以下の3つの理由が大きいと見られています。
1.公明党との亀裂(創価学会票をチラつかせる公明党の技には首相もダンマリ)
2.テロ特措法の成立の見通しが不透明(アメリカに顔向けできず、辞任?)
3.次の国会において、「事務所費問題」「年金問題」「医療制度問題」などに対応できない(支持率も低いしね)
首相は就任時から、問題山積みの状態に少し愚痴りモードだったので、この時点でこの人は長くは続かないなと思いました。(1年近くやったのは意外に長い)辞任会見が半泣き状態に見えたのは私だけでしょうか?選挙をにらんで、結局は辞めさせられたのでは?と私は勝手に推測してしまいます。(辞めさせられた?国のトップが!?)
強烈だった小泉元首相以来、安倍氏、福田氏と、なんか頼りない国のトップが続いておりますね。たぶん、何十年先の教科書には、小泉首相が太字で後の二人は細字か、一覧の中に印字されてる程度で終わってしまうのでしょう。。次の首相は麻生氏になるのかどうかわかりませんが、誰になるにしろ、いい意味で太字で印字されるような強い首相が誕生して欲しいものです。未だに小泉改革推進派、慎重派と言われるほどですから、良いも悪いも、小泉さんという人のすごさが伺えます。小泉首相時代、絶大な支持を選挙で得て、小泉改革が実行されていきました。言ってみれば、国民が決めたことです。その改革の是非が未だに問われています。次回の選挙は年末では?と言われています。やはり、大きなことを決めるものであるので、私たち自身もしっかり見極めて投票したいものですね。ではでは~。
amiami.jpg
アミ:「なに~!?ヤツが辞めた?」
私:「なに様ですか・・?」
「小泉改革」とは何だったのか―政策イノベーションへの次なる指針

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です