汗をかくことはいいことだ。いろんな意味で^^

桜咲く季節ですねえ。桜を見てきました。少し山というか丘を登るとうっすらと汗を。。あ~、汗もかく陽気ですわ。汗をかくっちゅうことは、臭いにも気をつけないと?200万~500万もある汗腺から出る一日の汗の分泌は700~900mlにもなるらしいっすから。夏季や運動時には10ℓとかとか。でも、こんなにも大量に分泌される汗にも臭う汗、臭わない汗があるんすよね。全身にあるエクリン腺という汗腺から出る汗はほとんどが水分で臭わないそうで、わきの下、足の裏、手のひら、額、まぶたの縁、鼻、耳の穴、へその周囲、陰部などに分布しているアポクリン腺という汗腺から出る汗は臭いのある汗を出すようですよ。ただ、この臭う汗は運動時などに出る汗とは違って、緊張などの精神的な作用によって発汗されるようです。神経質な人の手のひらがいつも湿っていたり、緊張すると汗をかくのはこのためです。昔、番組の「あるある~」で、気遣いで優しい人ほど足が臭うってのを見たことがあります。そういう人ほど精神的作用のもと、エポクリン腺から臭う汗を出すということですね。何かの時に、うっ、臭うってなった場合は、嫌だなと思うその前に、この人、気を遣ってる人なんだなと視点を変えてその人を見ることも出来る、、はず?^^


アミ:「ぶぶ~。。」
かわいい鼻をいつもいじられるアミちん。
そして、心の中で思う。
「この鼻に誓って、また盗み食いしちゃる!」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です