海は広い~な、大きいな~♪なんて呑気なことも言ってられず?

排他的経済水域、それは、国連海洋法条約に基づいて設定される経済的な主権がおよぶ水域のこと。沿岸国は国連海洋法条約に基づいた国内法を制定することで自国の沿岸から200海里(約370km)の範囲内の水産資源および鉱物資源などの非生物資源の探査と開発に関する権利を得られる代わり、資源の管理や海洋汚染防止の義務を負う。要は、国によって主張がばらばらだった領有範囲が曖昧だったところ(海)を、しっかり、国際法によって、その範囲とその権利と義務をはっきりとさせたものですな。海に囲まれた島国の日本とって、切っても切り離せないものですわ。本日も東シナ海(中国と日本の排他的経済水域の境界線)で油田の開発を進める中国に対して日本は抗議をしましたが、あっさりとかわされましたましたねえ。(ほんと、よわ、日本って。。)この問題は簡単に言ってしまえば、油田ってのは、かなりの広範囲に広がってるわけですが、境界線ギリギリでその油田を掘るということは、まず間違いなく中国は日本の領海にもまたがる油田をも吸い上げてしまうだろが、このやろう!という問題ですな。(あれ、文末が変だ)とにもかくも、この排他的経済水域の問題(まあ、領有問題)は、この東シナ海問題だけにとどまらず、尖閣諸島領有問題、竹島問題、北方領土問題、沖ノ鳥島問題など、数多くあるわけですな。まあ、油田開発地帯に中国が軍艦を配備した時点で、平和憲法の日本には対応の限界がありますな。(別に軍隊持てとは思ってませんよ)何事も人様(外国)の真似事の日本にとって、世界で数少ない平和憲法(戦争放棄をうたってるのはイタリアなど7カ国くらい)を持つ、見本がない日本の外交は、やはり、頼りない。。唯一の被爆国、数少ない非武装を謳う平和主義憲法を持つ国として、真似事ではない日本独自の力強い外交を期待したいですな。独自って、なんだろね?やっぱ、経済大国としては経済制裁?(安直ですな。。)まあ、経済制裁は複数の国と手を組んで成立するもの。親分のアメリカさんは、今、カトリーナやらでそれどころではないからねえ。頼れませんわ。。はい、久々、頭から煙出してみました。。

引用、参考サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%92%E4%BB%96%E7%9A%84%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%B0%B4%E5%9F%9F


アミ:「あ、田中さんだ。」
私:「ちがうよ、山田さんだよ。。」

あわせて読みたい

1件の返信

  1. これって海洋汚染なのか

    長崎から上海に帰ってきました。飛行機の座席はいつも窓側で予約してます。
    通常予約は通路側のほうが先に埋まってしまうらいしいですね。でもやっぱどう考えても窓側のほうが楽しいと思うんですが・・。めちゃくちゃ高度の高いところから雲海を見るのも楽しいし、晴れて….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です