満足の連続=My Life

仰木オリックス前監督が逝去されましたね。突然でびっくりしました。冥福をお祈りします。でも、びっくりするのは当然です。なぜなら、去年一年間、監督業をしていましたからねえ。もうその時から自分の体のことはある程度どういう状況か理解してしたはずでしょう。それを思うとなんと強いことか。。死を考えたとき、このように自分の残りの時間を把握し、徐々に命をまっとうする場合と、事故や発作のように、突然死に至る場合とがありますが、臆病な私はどちらかというとぽっくり逝きたいと願ってしまいます。ここまでの命と理解しながら、しっかりした意識状態で身辺整理や目的達成だったりを行うことというのは並大抵のことではないと思います。だから、仰木さんのような人を見ると本当に生ききったんだろうなあと感じます。でも、ぽっくり派を願う僕も生ききることを目指しますよ!たとえぽっくり逝ってたとしても、満足の人生だったと思えるような生き方をすればいいわけですから^^だから、今、今を全力で生きるわけです。仰木さんのような方もすごいと思いますが、僕は僕で満足な人生を完結させたいですねえ。(ぽっくり派と決まったわけじゃないんですが^^)とりあえず、今日はおいしいお酒を頂きました!う~ん、これもまた満足!^^満足の連続を目指します!


アミ:「なんだ?文句あっか?」
腹が空くといらつくのは動物も人間も同じ?

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. あみちゃん2号 より:

    こんにちは
    私もポックリ逝きたいですね。
    聞いた話では、人は自分の逝く時期が 何となく分かるらしいです。
    近所のお爺さんですが、最近よく出掛けるなー、と思っていたら
    ご無沙汰している友人数人の所に 行っていたらしく
    その後 調子を崩し翌朝逝ってしまったとか・・・
    古い写真とかも 整理していたらしいです。
    私にも 分かるかしら・・・

  2. ガタ より:

    どうも、お久しぶりです。
    死期を感じるという話はよく聞きますねえ。
    ぽっくり派としては、それはわからなくてもいいかと。。
    わからなくてもまっとうできるような毎日を!という感じですね^^

ガタ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です