無責任の基盤から責任ある社会は生まれない。

給食、なつかしいです。(カレー汁が大好物でした)そんなおいしい記憶の残る給食は一食あたり250円から300円くらいだそうですから、驚き。(安い)でも、そんな給食費を払わない不届き者の親がいるんですよね。給食費の滞納額が計22億2963万円にもなるそうで、これは親のモラルの問題もそうですが、財政的な問題にもなり得る額です。。滞納者総数は全体の1%にあたる9万8993人、学校の6割が「保護者の責任感や規範意識」の欠如が主な原因だそうで、「保護者の経済的な問題」を原因は33.1%だったそうです。「払わない」と「払えない」は全く異質なもので、払わない親に言いたいですね、無責任な親が子どもに偉そうなことが言えるか?責任のある子どもを育てられるか?と。社会の基盤となる教育の場がこんなんで社会がいい方向に向かうはずがありません。義務教育だから払う必要はない?税金の中に給食費が含まれているシステムならば、文句はありませんが、そうじゃない!みんなが平等に払っているんですよ。あなたの親もあなたのために給食費を払ってたはず!あなたの親が自分のために払っていたそんな給食費をあなたは自分の子どものために払えないのですか?ととと、、少し熱くなりました。。子どもたちに気持ちよく(提供された形で)、おいしくカレー汁を食べさせてあげてください。(違う?)


アミ:「給食費払え、こら~。」
私:「えらそうに。。かぶりついてるそれもタダではないんですぜ。」

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    ども、初めまして。
    給食費未納問題が報道された時、私が思い浮かべたのは、1日の仕事が終わってから、借金取りのマネゴトのようなことをするために重い足取りで家庭訪問に向かい、ブチ切れそうなセリフを浴びせられつつも立場上ブチ切れるわけにもいかず、結局何の進展もなくとぼとぼと帰路に着く(さらに運が悪いと翌日学校で管理職に非難される)先生たちの姿です。
    彼ら彼女らも、教職を志した時、まさか金の取り立てをせにゃならんとは思ってもいなかったでしょうに。

  2. あざみ より:

    これって、元はといえば、私達の年金を、無駄使いした、役人達がいけないのだと思う。税金で安い賃貸の豪華な宿舎を造るから・・・でも、子供の教育に悪いですよね。やはり、払わないと。

  3. ガタ より:

    shiraどの
    そうですね。ただ、取立てというよりは、教育の視点から親としての責任を説くというほうが正しい見方であるし、そういう姿勢であって欲しいですね。
    おにあざみどの
    税金の無駄遣いはもちろんですね。税金の無駄遣いは子どもも私達大人も侮辱してます。あべさ~ん、頼んます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です