知らずにウコン摂取。

私は特に服用したことはありませんが、宴会など、アルコール摂取が多くなりそうな時にウコンを飲む人が増えてきてますね(少なくとも、私の周りでは)。実際に、経験談として効果はあるようですね。二日酔いになりにくいみたいです。(他にも、ウィルス性肝炎、肝硬変、糖尿病、高血圧、その他成人病などにもいいみたいです)じゃあ、いったい、このウコンたるものは、なにもんなんだっていうと、ショウガ科に属する多年草の植物で、地下茎の3~5cm程度の生姜に似ている塊を9月~11月にかけ収穫し、乾燥させ突いて繊維を取り去ったものだそうです。健康ブームにとどまらず、1995年には、政府が「ガン克服10ヵ年計画」を発足し、その中でも、ウコンによるガン予防というプロジェクトがあります。(効果に説得力が出てきますね)最近、酒量が特別多いわけではないですが、今度試してみようかなと思っておりますが、実は、このウコン、カレー粉にも結構含まれているようで、(カレーの黄色はウコンの色だそうです)カレー好きの私は意識なく摂取していたことになりますね。長寿で有名な沖縄では古くから秘薬として使われてきたウコンですが、カレー好きの私も結構長生きするかもしれませんな。(効能に不老もあるようなんで)ちなみに、ウコン摂取による副作用で肝障害になり死亡という記事もあったりしたようですが、なんの科学的根拠、因果関係はないようです。(そういう点ではご安心を、ただ、過剰摂取はなんでも有害ですよ)ただ、急性黄疸、ヘルペス、妊娠中、肝硬変、官嚢炎、消化性潰瘍の方は摂取を控えたほういいみたいです。生姜アレルギーのようにアレルギーがある方もですね。ひとつの目安として、カレーを食べても平気な人はいいかもしれませんし、その逆は気をつけた方がいいかもしれません。常時服用するのはともかく、酒量が増えそうな時に服用という程度がいいかもしれませんね。(ウコン飲んだから、いっぱい酒飲むぞ、というのは本末転倒というものですのでお気をつけあれ。そういう愚か者もいるようで・・。)


アミ:「がぶがぶがぶ!」
私:「痛痛痛痛痛痛っ!」
いつまでも子供のようにじゃれることがアミの若くて健康の秘密です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です