競え!争え!安くなれ!

12年ぶりに携帯電話市場に3社(BBモバイル・イーモバイル・アイビーモバイル)が新規参入しますな。現状の携帯電話の数は9千万台に迫っていて、市場としてはもう結構成熟してる感があります。ですが、この新規参入の会社は、まずひとつに来年10月から開始する「ナンバーポータビリティ制度」にひとつの狙いを置いてるんでしょうな。これは、今使っている電話番号を変えずに携帯電話会社を変更することができるものですので、今以上に気軽に会社変更ができるようになるわけです。あと、携帯電話は一人一台持っているのは当たり前になりつつある昨今、今度は用途によって使い分ける2台目の携帯電話需要が少しづつ増えるでしょう。この部分も新規会社がターゲットとするポイントではないでしょうかねえ。まあ、上述のナンバーポータビリティは番号は変えなくてもいいかもしれないけど、E-mailのアドレスはたぶん変えないとダメでしょうなあ。そのへんは変更時のネックにもなってくるでしょう。ですが、まあ、誰もがこう考えると思うので、特に新規参入の会社は電話帳の友人への携帯電話変更連絡代行サービスなり、対策はたぶんとってくるでしょうねえ。まあ、とにかく、競い合うことによって、ユーザーへのサービスが向上することを期待しますわ。^^ちなみに、最近の総務省の報告で世界に比べ高いと言われている日本の携帯電話の料金はヘビーユーザーにとっては、世界の中で割安の域に入るというのがありました。まあ、使用者の使用(通話)頻度とその人が選ぶサービスなのかコースによって、全然値段は変わってきますから、この報告はなんとも言いがたいです。みなさん、ちゃんと、割安になるようなコース設定してますか?無数に存在するコースの中で^^


きりり・・・。。
絶対、自分のことかっくいいと思ってる。。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です