続々と新境地広告。

広告の形もここまできたかというお話です。ゲーム内広告というやつですな。映画の中でさりげなく、映る車やパソコンなどがトヨタやPanasonicだったりする「プロダクトプレースメント」(Product Placement、、、テレビや映画の中であるブランドを使用することね)のように、それをゲーム内でもやっちゃうことです。特にゲーマーではない私はよく知りませんが、ゲームソフトのメタルギアソリッド3ではカロリーメイトやチキンラーメンが出ていたりするようですよ。テレビCMや新聞や雑誌、ネット、街中(広告バス&電車やビルの看板など)などなど、広告は氾濫状態、、にもかかわらず、それはどこまでも行き場を求めて突き進むという感じですね。そのひとつがゲーム内広告なのですが、2005年までは8000万ドル市場だったのが、2009年には4億ドル以上の市場になるのではという話もあります。(10年後には10億ドル市場とも言われます)自分がサラリーマン時代は広告関係の仕事をしていたこともあり、広告の難しさというのは少しはわかるつもりです。広告とその効果がなかなか計算できないところがひとつの難しさだったります。その点で、ターゲットを絞り込んだ広告がしやすいという意味ではゲーム内広告は結構効率的なツールになり得るような気がします。さあ、お次はどんな広告の形が出てくるかなぁ。じゃあ、私が音楽してるというところから無理やりつなげて、アーティストのギターに広告を貼り付けちゃうってのはいかが^^(なんか、魂を売ったミュージシャンみたいだな^^)


アミ:「よだれが・・・・。。」
どんなものも、おいしそうに見つめるし、食べるアミちんを食品CMに起用する手もありまっせ^^
ちなみに、何年か前にHITACHIさんのCMに実は一瞬ですが、アミちんは出演しております。
自慢、自慢^^

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です