脱水症状or脾臓ひきつり。

縄跳びを再開してまだ間もないですが、ふくらはぎ&足の裏の筋肉が張るように膨張して参りました。(よしよし)今日も風呂前に跳んできたのですが、梅雨の時期にもかかわらず夏の陽気が続くので、しっかり水分補給と思い、跳ぶ前にアクエリアスをがぶ飲み。案の定、跳んでいる最中にわき腹がイタタタタ。。。食後にすぐ運動するとよくなる現象ですね。なぜでしょう。それは、人間が食事をすると胃腸が活発に活動する際、その胃腸の働きを促すために胃腸に大量の血液が集まってくるわけですが、運動をすると今度は筋肉も血液を必要とするので、血液の貯蔵庫でもある脾臓がうりゃ~っとその貯めていた血液を体に送り出すのです。その脾臓の縮むことが脾臓のひきつり→わき腹が痛い(左腹)となるわけです。脾臓は2分の1から3分の1、ときには6分の1にも縮むこともあるようです。食後の運動は脾臓が悲鳴をあげるので、控えましょう。(食後30分~1時間)でも、アクエリアスを飲むことも食事の一環として胃腸が一生懸命働くんですねえ。脱水症状&秘蔵のひきつり、両方に気をつけながら給水します。


アミ:「じ~~・・・。」
アミちんには腹イタなど存在せず、常に視線の先に食べ物が。。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です