花は感じたいけど、粉は感じたくないのです。。

もうすぐ三月、花粉シーズン到来という感じですが、今年は花粉が少ないと聞いているせいか、まだ普通に呼吸ができております。(それが普通なんですがねえ)引きこもりの毎日で通常より花粉を吸ってないからかな?こんな苦しみをどれだけの人が味わっているのかというのが気になります。ちょっくら調べてみると、約3割の人が花粉症を患っているというデータがあります。(3人に1人かぁ)私は、幼い頃から気づけば鼻をすすっていましたが(小学高学年くらいからかな?)、みなさんはいつ頃からなんでしょう?それもちょっと見てみると、21歳~25歳で発症する人が一番多いみたいですねえ(23.4%)次に16歳~20歳(20.5%)で、その次に15歳になるまでに発症する人(19.7%)が多いみたいです。(私はこの部類ですね)花粉症は他のアレルギーとは少し違うような感じもあります。(食べ物アレルギーとかとね)すべての人が花粉症を生まれたときから体内に蓄積していくようなのですが、その蓄積する体内のバケツの許容範囲を超えると花粉症を発症するようです。人それぞれそのバケツの大きさは違い、小さい人(早く段階で溢れるため)は若いときに発症し、大きい人は多くの年月を経て発症するか、もしくは死ぬまで発症しなかったりします。なので、みんな花粉症のリスクはあって、いつそのバケツがいっぱいになるかという問題なのですねえ。そういう意味でやっぱ他のアレルギーとは少し違うように感じるのです。非花粉症のそこのあなたも明日、バケツが溢れて発症するかもしれないんですよ~。花粉症の同志のみなさま、がんばって、今年も乗り越えましょう。

情報元;
http://health.goo.ne.jp/kafun/column/ol/ol001.html


アミ:「あ~、この時期はほんと困るわ。。くしゅん、くしゅん」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です