苦境の中だからこそいろいろ考え、行う。

長い梅雨のせいで野菜が不作で野菜高騰、中東情勢が不安定なせいで石油高(ガソリン高)。ダブルで高騰して、つらいですねえ。野菜に関しては、イトーヨーカドーが産地と直接契約をしていることで、他のスーパーに比べ、約25%引きの値でレタスなどを売り出していたり、と苦境の中こそうまく経営を行っているところの良さが顕著に出てきていたりするので、よくよくいろいろな店を比較して野菜のご購入を考えたらよいと思います。石油高に関しては、まさか、中東の情勢(世界情勢かな)に対してこちらから何ができるわけでもないので、とりあえずはガソリンの節約を行うのが懸命な考えでしょう。今日もテレビでやってましたが、ガソリンの節約術として、「急発進、急停車をしない」「重い荷物を載せない」「タイヤの空気圧をチェック」「アイドリングストップ」を挙げてました。最後のアイドリングストップに関しては、中途半端にエンジンを切って、再度エンジンを始動する方が燃料をくうような気もしますが、エンジン始動時の燃料消費はエンジンが動いている状態の約5秒分ということなので、5秒以上停車すれば、ガソリンの節約という考えでは元が取れる計算になります。また、アイドリングストップは節約という考え以外に、排気ガスの排出を減らすということによる環境保護という面の良さもあります。環境面で考えたとき、確かにエンジンを再度始動する時にはいつもの数倍の濃いガスを排出するのですが、22秒以上停車をすれば、排気ガスの排出量においてアイドリングストップした方が良いという計算結果があったりもします。結論、節約だけを考えるなら5秒を基準に、環境面まで考えるなら22秒以上を基準に停車時間、アイドリングストップを考えましょう。まあ、5秒とは言わず(相当短い時間だしね)、22秒の基準でみなさん、アイドリングストップをしていきませんか?^^


アミ:「おりゃりゃ~!!」
私:「散歩においても急停止は困るんですが。。」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です