赤ちゃんポストは赤ちゃんのため?

赤ちゃんポスト。注目すべき社会問題ですね。というか、ポストという呼び名自体、郵便物じゃないんだからって、命の捉え方を疑問視してしまいますがね。。このシステムにはもちろん、賛否両論あります。賛成意見としては、やはり、助けられる命を助けようという考えですね。反対意見としては、赤ちゃんを放棄することを助長するのではないかという意見があります。ある統計では2001年~2005年までの間に27件の赤ちゃんの遺棄致死事件が発生しているそうです。こういう惨いことが起きないようにするためといわれるとなんとも言えませんが、ただ、放棄するくらいなら子どもを作るなということをもっと認識した方がいいと思います。また、遺棄をした親が懲役1年6ヶ月執行猶予3年の判決が出たことを考えると、じゃあ、赤ちゃんポストに赤ちゃんを遺棄した親は罪には問われないのかっていう問題もあります。赤ちゃんポストに遺棄したら、ブザーが鳴って、24時間滞在する看護士が駆けつけるとありますが、このシステムは、ある種、悩んだ親の相談にのるというものとそんなに変わらないと思いますが?(看護士がその親に会えれば)このシステムをわかっている親は本当に遺棄をしたいなら、そんなブザーの鳴るようなところに捨てにいかないと思いますしね。まあ、この赤ちゃんポスト、いろいろ問題はあると思いますが、捨て子の社会問題をみんなが考えるということに一石投じたことは確かでありますね。ありがちなしめですんません。。


アミ:「おらを捨てちゃいや~よ。」
私:「捨てるわけがない。愛娘よ。」

おすすめ

2件のフィードバック

  1. あざみ より:

    どっちが良いのか本当に判断できませんよね。でも、これで、少しでも命が救われるといいですね。アミちゃんは、感受性が強いのね。

  2. ガタ より:

    感受性強すぎて困ってる部分も^^
    でも、それがまたかわいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です